2018年11月29日

食物 メモ 気になったこと

先日、「インスタント食品の秘密」という本を
いただきました。

この本は
1977年第一版発行の本で
わたしが一歳ころの本です。

パラパラとめくりながら
最近もよく耳にする
牛乳やパンの問題点など
問題になるものはこの本が発行された頃からも
解決しているわけではないのだと
改めて思いました。

高校生の頃に
家庭科で食品添加物に関することの授業があった際
赤色○号・・・・・等等
発がん性ありとはっきり書いてあるのに
店頭では普通に売ってあり
何気なく買って食べているということに
衝撃を受けた覚えがあります。

以前、「食品の裏側」という本が
ベストセラーになりました。
有名なのは
元食品添加物のトップセールスマンだった
著者、安部司氏が
「このミートボールは自分の子供には食べてほしくない」
という事件がきっかけで
食品添加物商社をやめられたというエピソードです。

先の「インスタント食品の秘密」の
著者、郡司篤孝さんも
同じようにもとは食品添加物を販売する仕事をしておられたそうですが
ある友人のから
「こんなものを絶対にこどもたちには食べさすなよ。・・・」と
忠告をうけそれ以来問屋を廃業されたそうです。

それは、「食品のカラクリ」という本に
息子さんである郡司和夫さんの文章が掲載されていました。

そんなこんなちょこちょこ調べていましたら
安部司さんが出ている動画を見つけました。

博士も知らないニッポンのウラ 第20回 「食品のウラ」
https://www.youtube.com/watch?v=-K7g1Z5BqEA&t=1589s

知らないと問題になりませんが
知ってしまうと問題になる

知らない方がいいのか
知った方がいいのか

選ぶのは自分ですね

posted by K at 13:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: